20代で知っておきたいお金のこと~お金のホントを教えます

お金のことってとっても気になりますよね。

特に、20代の若い人は、将来家族を持った時、老後の生活などなど、これからあるたくさんのライフイベントを考えるとわくわく、そして、うまくやっていけるかはとても不安ですよね。

生きていくためには絶対にお金が必要です。

そんなことはわかっている。

だけど、、、

結局、お金の何を学べば将来を安定して生きていけるのかがわからないという方は多いはず。

でも、もう大丈夫。

この本を読めば、その悩みは解決します!

20代で知っておきたいお金のこと

 

20代の人はお金とどう付き合えばいいのか。この本から学んだことを少し書きます。

「収入が増えればお金は貯まる」なんて大ウソ!

将来のために貯金をしたい。

そのためには収入を増やさないと!

と考えますよね。

しかし、実はこの考え方は間違っているのです。

この筆者は20代のころ、妻と合わせて年間3000万円程度の収入があったそうです。

しかし、貯金は全くなかったそうです。

それはなぜか?

稼ぐ分、仕事も忙しく、ひと段落するごとにご褒美の旅行に行ったり、外食をしたり、買い物をしたりと、支出を管理せずに使ってしまっていたからです。

収入が高い=貯金ができるではないのです。

貯金をするために大切なことは、「目的」を明確にすることです。

自分はどういう目的でお金を貯めるのか、目標は必須です。

そして、その目標を達成するための具体的な計画を立てるのです。

目的もなしにやみくもに節約しても、お金を貯めることが目標になってしまい、お金の奴隷となってしまうのです。

 

「貯金偏差値」、20代ならまず100万円!

20代の皆さんは、いま、貯金がいくらありますか?

そして、20代のうちにいくら貯金することを目標としていますか?

貯金はたくさんあればあるほどよいと思っている人も多いでしょう。

しかし、ほんとうにそうなのでしょうか?

そもそも貯金とは「お金が普段よりも必要になる、不測の事態に備えるためのもの」である。

まずはこれを理解することが大事だ。

貯金は「少なすぎても、多すぎてもいけない」のです。

自分は不測の事態に、もしくは何をしたいから貯金するのかを明確にするのです。

しかし、どれくらい貯めたらいいか全然わかんない人もいるでしょうから、同年代がどれくらい貯めているかを参考にしてみよう。

20代では貯金の中央値は100万円だ。

まず、どれくらい貯めたらいいかわからない人は、100万円を目安に貯金をしよう。

ちなみに、30代までに貯金の習慣ができなければ、ほとんどの人が一生貯金できないという調査結果があるので、ぜひとも皆さんは20代のうちに貯金の習慣を身に付けよう。

20代から自己投資をしなければいけない理由

本を読んでいる方なら必ず一度は聞いたことありますよね。

“自己投資は大切にする”

私も様々な本を読んでいますが、自己啓発系の本には必ず、自己投資の重要性が書かれています。

自己投資にかけるお金は給料の20%がいいとこの本には書いてあります。

しかし、なぜ、自己投資が重要なのか?

それは、20代は、スキルを高めて、自分でキャリアパスを切り開いていかなければいけないからです。

特に今の日本社会は終身雇用も崩壊しつつあり、今の環境でずっと仕事をし続けることに期待できなくなっています。

そのような世の中で生きていくためにも、自分のスキルを高める自己投資は必要不可欠なのです。

 

20代の皆さんはこの本でお金の使い方を学び、将来をより良いものにしてください。

自己啓発

Posted by ton