ひとりビジネスの教科書【自宅起業のススメ】~ひとりでも稼げるビジネスがここに!

会社の収入だけじゃ満足できない!

もっと稼ぎたい!

自分で稼ぐ力を身に着けたい!

ビジネスを通じてもっと成長したい!

などなどお金や、自分自身の成長に意欲的な方は多いでしょう。

しかし、ほとんどの人は稼ぎ方を知らない(私自身も含めて)でしょう。

私自身もビジネスを通じて成長し稼ぐ力を身に着けたいと思いました。

そして、ビジネスのやり方を教えてくれる都合のいい本はないかなーと思いながら本屋を歩いていると、、、

ありました(笑)

ひとりビジネスの教科書【自宅起業のススメ】

 

 

自宅で起業?

なんてお手軽さをアピールした本なのでしょう(笑)

家に居ながらにして起業して、稼ぐ力も身につく!最高ですね(笑)

こんな軽い感じのタイトルの本ですが、内容はしっかりとしています。

ひとりでビジネスを始めて、どういうツールを使って、どう稼いでいくかという流れがしっかりと書いてあります。

そして読み終えると気づきます。

結局、

自宅起業なんて軽いタイトルだけど、めっちゃ難しそうじゃん!!(笑)

まあ、そもそも会社に雇われたことしかない私が、起業して稼ぐなんて難しいのは当然ですけどね。

でも、だからこそ挑戦してみたい!

難しいけど、この本を力に頑張ってみよう!!

この本の印象的な言葉を紹介します。

雇われて働く時代は、もう終わった!

冒頭に出てくるこの言葉。

出勤したくない。

会社勤めは嫌だ。

誰もが絶対に思ったことがあるであろう思い。

そんな方に朗報ですね(笑)

でも、これからの時代、会社にとらわれない自由な働き方をする人はどんどん出てくるでしょう。

AIがもっと発達してきたらなおさらです。

今は、会社に勤めていないと言ったら驚かれますが、数十年後には会社に勤めていると言ったら驚かれる時代がやってくるでしょう。

マダマダ人間になるな!

何かをするときには完璧を求めず、未完成のままでも行動しろということです。

でも、なかなか未完成の状態で商品などをリリースするって勇気がいりますよね。

でも、一人ビジネスでは、これが鉄則なんです。

私たちは「もっと準備をしてからだ」、「もっと完成度を上げてからだ」と思ってしまいます。

でも、そこでいつまでも立ち止まっていないで、まずは一歩踏み出してみる。

そんな気持ちが一人ビジネスを成功させる秘訣です。

「応援」の習慣

つまり、嫉妬しないこと。

いやー、難しいですね。(笑)

自分はうまくいっていないけど、ほかの人がうまくいったら、心から「おめでとう」と言えるか、、、

それくらい心の広い人であるか。

でも、人を心から応援できる人になろう!

うまくいってる人は、結局は人を応援している。

「ビジョン」を熱く語る人が応援される

「夢」に「自分以外の人のために」という「使命」が加わった瞬間に、その夢は志となり、周囲が応援してくれるようになる。

エゴを超えた先で、みんなの力をもらえるんですね。

自分だけが得をするのではなく、周りの人も得をする。

そんな夢を持てたときに、自分も周りも熱くなれる。

 

そのほかにも

この本には、SNSを使って、どう集客するか。など、具体的なノウハウが大半を占めており、起業を目指す私にはとても参考になる本でした。

ぜひ、皆さんも一度読んでみてはいかがでしょうか。